フットケア

 透析患者様の足を月1回、『足病変チェック表』でチェックをしています。自力でケア出来ない患者様の爪を切ったり、足浴、泡浴で清潔の保持などをしています。また、異常を発見したら医師に報告して血流の検査などを行い、他の病院に紹介をするなど早期発見、治療に努めています。

透析を行っている患者様は、一般的に血管の障害を持ちやすく、糖尿病の持病がなくても、足の壊死を起こし切断につながる危険性があります。当院では毎月必ず足を見せていただき、チェック表をもちいて血流の評価や皮膚の状態、爪の状態を確認。最低でも年に1度は血流検査(ABI・SPP)を行います。日常では注意点や観察のポイントをご自身と看護師で一緒にみて、傷や胼胝(タコ)・鶏目(ウオノメ)の処置や、検査で血流の障害があった場合は、カテーテル治療の専門医へ照会させていただき連携して治療に努めます。

 ご自宅で、『足がなんだかおかしいな?』と感じることがありましたら、スタッフまで遠慮なくご相談ください。